厳しいと思う反面やりがいがあると感じます。


大学留学 森本有希さん

 

奈良市立一条高校卒業

カリフォルニア州立マーセッド大学へ留学

ビジネス/経済学専攻

中学校の頃から海外で勉強をしたいと思っていました。誰にでもオープンに話しかけたりするフレンドリーなコ

 

ミュニケーションのスタイルにも憧れがありました。

生活費が安いということももちろんですが、私が惹かれたのは、良い意味で田舎だということです。都市部のよ

 

うにたくさん遊ぶところがある地域では勉強に集中できないかもしれないと思いました。実際マーセッドに来て

 

変に遊ぶところがない分、勉強に集中できています。

 

授業が始まり先生が話し始めたとたん、何を言っているか聞き取れなくて驚きました。初授業の後はこのまま自

 

分はやっていけるか不安になりましたが、3ヶ月過ごしてみて、初めは何がなんだかわからなかったことも、あ

 

る程度聞き取れるようになってきました。

 

アメリカの学校での授業は自分次第だと思います。予習をやってこなければ授業についていけないし、宿題を

 

やってこなければすぐに成績は落ちます。分からない ところをそのままにしていれば次からついていけなくなっ

 

てしまいます。厳しいと思う反面、大きなやりがいを感じています。

私はまずはマーセッドカレッジを卒業して、四年制大学への編入を目標に勉強をしっかり頑張りたいです。

少しでも留学したいと思う気持ちがあるなら、絶対に留学することをお勧めします! 人とのコミュニケーション

 

の取り方など、留学を通して得ることは本当にたくさんあり、自分で驚くほど成長できます。もちろん大変さを

 

感じることもあります が、それと引き換えに得るものは倍以上です!