長谷川 友香さん

2013年2月に16日間短期トレーナー体験プログラムへ参加。

立教大学二回生。

 

 

アメリカにきて、プログラムに参加した感想。

 

アメリカに来る前はずっと不安ばかりで、正直来るのをやめようか悩んでいたけ

 

れど、アメリカに来て、このプログラムに参加できて本当によかったと今は思っ

 

ています。短かったけれど、とてもいい経験、思い出ができました。

 

 

ホームステイ先での生活。

 

ホストファミリーが本当に親切にしてくれて、自分が家にいるときはずっとそばにいてくれたし、いろいろなと

 

ころに連れていってくれたり、英語がほとんど分からない私と一生懸命コミュニケーションをとろうとしてくれ

 

て、家族のおかげでこの2週間一度も日本に帰りたいと思いませんでした。


学校生活。

 

学校も不安がたくさんあったけど、こっちで沢山友達もできて助けてくれていたので、毎

 

日楽しく過ごすことができました。学生トレーナーの皆にも仲良くして頂いて、遊びに連

 

れていってもらったり、ご飯に誘ってもらったり、まさかアメリカに来て友達と遊べると

 

は思っていなかったので、とてもいい思い出になりました。自分の携帯がなくなったとき

 

も、みんな自分のものがなくなったように真剣になってくれて、感謝しているし、親切な

 

人が多い印象でした。

 

 

トレーナー活動。

 

アメリカに来る一番の目的だったトレーナー活動でも、自分の学びたかった部分を見ることができて、実際に自

 

分が日本に帰って何をすべきなのか、この経験をどう生かすべきかが少し見えたと思います。また、自分の年齢

 

に近い学生たちが、アメリカ人を相手にしっかりと働いている姿を見てとても刺激をうけました。

 


英語の生活。

 

一番不安だった英語もサポートしてくれた方たちのおかげで何とかなったので

 

良かったです。ただ手間を取らせてしまったり、感謝を伝えたい時にThank

 

youしか言えなかったことが、私は残念でした。もっと勉強してきていたら伝え

 

られるのに、と思うことが多かったです。もう会えない人もたくさんいると思

 

うし、それはすごく私にとって寂しいことだけど、ほんの2週間でも皆知り合え

 

てよかったと思う人たちばかりでした。協力してくれた方、本当にありがとうございました。