選手育成と目的地点。

弊社スポーツ事業部SDSAが力を入れている事業にジュニアゴルファーの育成があります。

 

毎年、7月に行われる世界ジュニア選手権で世界チャンピオンの輩出

 

(勿論、勉学をおろそかにすることは認めていません)から、オリンピック出場までを目標にしています。

 

ただ単に、プロゴルファーを育成するのとは目標を異にしています。

 

その他のスポーツ競技も同じです。

 

プロとしてのキャリアを終了させたあと、また世界トップレベルの競技で人々を魅了した

 

技量と、その努力に値する人生を送れるような人材になって欲しいと願っています。

 

野球能力がずば抜けている、野球が好き、サッカーが好き、ゴルフが好き・・

 

これだけでは足りません。

 

個人的には興味も魅力もありません。

 

選手の競技能力を上げる為だけの仕事であるならば、すぐにやめています。


一番大切な人として、世間の荒波を生き抜く力を得て欲しいと思って活動しています。