Y.E.S. ESL International, Inc.

 

7920 Arjons Drive, Unit E

San Diego CA 92126

 

TEL: (619) 501-7953

 

E-mail: info@yeseslinternational.com

 

WEB: www.yeseslinternational.com

 

Y.E.S. グループ

Y.E.S. at Merced College
Y.E.S. at Merced College

Y.E.S. 提携機関

リーダーシップ

昨日、プーチン大統領のクリミア併合に関する演説を聴きました。

 

クリミアとロシアの問題については、欧米諸国とロシア両サイドの言い分がありますし、

 

国際政治の専門家でもない私がこの問題について、

 

声を大にして意見を主張するつもりも必要もありませんが、

 

プーチン大統領の毅然とした強気な演説を聞いていると、

 

オバマ大統領との”格”の違いを感じざるを得ませんでした。

 

ある意味、決断、行動力には畏敬の念を覚えました。

 

反対側から考えると、アメリカ大統領にもこれくらいの強引さと強さを見せて欲しいと・

 

ブッシュ前大統領時に犯した轍を二度と踏みたくない意識があるかもしれませんが、

 

ここ最近のアメリカの外交力の判断ミスと弱腰は、

 

オバマ大統領の支持率にも如実に表れっていると思います。

 

プーチン大統領の気合、

 

”経済制裁何するものぞ、”

 

”やれるものならやってみろ、”

 

と言う気迫と勝負勘の鋭さは、正義の大義名分に拘らざるを得ない(憶測ですが・・)オバマ大統領との

 

政治家としての度量の差を浮き彫りにしていると思ってしまいます。

 

 

プーチンや習近平などの手腕と度胸は

 

活動の場が”裏”の世界でも充分リーダーシップをとって牛耳っていくだろうと思います。

 

この両者に共通しているのは、

 

「目が据わっている」

 

事が印象的です。

 

オバマ大統領とアメリカ。

 

資本主義社会は社会主義を圧殺したと浮かれている場合ではないでしょうか?

 

ソビエト連邦の崩壊から20年以上、

 

アメリカには本当に一国覇権主義の油断は無いのでしょうか?

 

アメリカにも強いリーダー待望論が沸きあがってくるのではないかと、

 

考えさせられるプーチン大統領の演説でした。

 

            勝負勘の鋭さや気迫は柔道や格闘技の経験から来るものなのか・・

 

          スポーツマンで健康的なのは確かにリーダーにとって大切な要素ですが・・

                     まさに「静かなるドン」