41番

私は占い(占い師)など信じないタイプの人間です。

 

そんな私でも好きな数字があります。
 
「41」です。
 
自分で決めれる番号はほとんど4と1を繰り込みます。
 
昨日、この4と1がもたらしてくれた”縁”なのか”運命”なのかは分かりませんが、
 
41が素晴らしい番号だと言う方と電話で話しをする機会を頂きました。
 
思い起こせば、私が小学校の頃から中学校くらいまで野球をやっていた時のヒーローでした。
 
スポーツ新聞でこの方の結果を楽しみと、心配しながら、毎日みていた事を思い出しました。
 
私は著名なスポーツ選手でも会って話をするまでは、その人柄が分からないのであまり興味がない性格です。
 
正直なところあまり偉いとかも思いません。会って尊敬できるかどうかです。
 
球界の方達と仕事をさせて頂いたり、お付き合いさせてもらったりしていますが、
 
”人”として魅力を感じる方々が、たまたま球界の人達なのだと思います。
 
いくら偉業を成し遂げた選手だとしても、教養がなかったり、礼儀を欠いていたりすると幻滅、
 
失望が私の心を覆い尽くします。
 
こんな事を書いている私も同じように、教養も礼儀も不完全だと思いますが、
 
良くなるように努力する気持ちはあります。
 
小学生の時のヒーローだったこの方は電話越しでも、若輩の私に対して謙虚で自然体の方でした。
 
自分のイメージが崩れる事がなかったのでとても嬉しかったです。
 
そして、「41」は私にとって「素晴らしいラッキーナンバーです」と伝えると、
 
「その通りです。この番号は本当にラッキーですから大切にしてください!」
 
と張りのある声で答えてくれました。
 
何だか信じられない”縁” ”運命”にくすぐられているようです。
 
2000本安打。

凄い数字です。