アメリカ留学費用。

留学を決意して最初に立ちはだかる壁が語学力と費用があげられるでしょう。

 

留学先地域の物価、4年生大学、2年生大学(コミニティーカレッジ)、履修する単位数、通学手段、

 

いろんな要素が絡んでくるので一概に費用を言い切る事はできませんが、

 

一つだけ言えるのは留学エージェントが請求してくる留学斡旋料と言うものの曖昧な値段設定です。

 

会社によれば狡猾に分かりずらく課金してくる所もあります。

 

そもそも留学紹介料などは法律で決められた制限も何もないので、好き勝手に値段設定出来ます。

 

どうすれば良い業者、専門学校を探せばよいかと言えば情報を集めるだけ集める事と、。

 

実際の面談で留学に対する質問から費用面まで相談してみれば良いでしょう。

 

悪徳業者か良心を持って経営している会社かどうかは面談すれば大体分かると思います。

 

???

 

(うち??それは世間が評価するものなので、自分たちでは言えません。)

 

ただし、教育業界はサービス業でもないので、自分たちはお客様だと言う気持ちは持って面談に望むのは良くありません。

 

私たちもやる気ない生徒(こういうケースは親が全て進めてしまって子供には意見もやる気も見受けられない)

 

や失礼、無礼な生徒の相談はお断りさせて頂いています。

 

これは不親切では無く、そう言う生徒を異国に送っても私たちでは責任持てる自信も無いからです。

 

話がそれました。

 

弊社では直営しているマーセッドカレッジをはじめ長年の提携実績をもっている学校、教育機関への留学の場合、

 

留学斡旋手数料は無料か格安のところがあります。

 

うそではありません。

 

直営校の場合は逆に留学エージェントさん達にコミッションを支払う立場だからです。

 

とても簡単な理屈です。

 

優秀な生徒には独自の留学生用の奨学金も提供しています。

 

今学期も2人、マーセッドカレッジで奨学金を受け取りました。

 

留学を決意したならばまずは真摯な態度で問い合わせと面談を行ってみて下さい。

 

3〜5社足を運べば自ずと見えてくるものがある筈です。