マーセッド大学女子バスケットボール部

短期遠征プログラム


アメリカバスケットボール留学

バスケットボール発祥の地として知られるアメリカ。NBAの選手に憧れてバスケットボールを始めた人も多いことでしょう。アメリカのバスケットボールは、攻守共に力強いプレーを特徴としています。勿論、競技人口は多く、バスケットボールで奨学金を獲得しての4年制大学進学を目指す学生は少なくありません。


ホームステイ

多様性に富んだアメリカの地で、現地の家庭環境に身を置いて生活できる機会は、貴重な経験となります。語学学校やバスケットボールなどのアクティビティー外の日常における触れ合いからも、少しでも英会話の経験を積んでもらうことを目的としています。

語学学校

ホームステイ先での日常会話から一歩前に踏み出し、現地語学学校での英語の授業を受講します。応用的な英会話のスキル習得とアメリカ文化に慣れ親しむためのカリキュラムを通して、プログラム中の生活や英会話に役立ててもらうことを目的としています。

カンバセーションワークショップ

ネイティブスピーカーによるカンバセーションワークショップ。他国の言葉・文化・習慣を学ぶ場として、毎回異なる内容でワークショップをおこなっています。

マーセッド大学女子バスケット部との合同練習

マーセッド大学女子バスケットボール部は、CCCAA(California Community College Athletic Association)に所属しており、2013‐14年シーズンには北カリフォルニアベスト8に輝くなど、強豪チームとして知られています。マーセッド大学女子バスケットボール部は、攻守ともに力強いプレーを特徴としており、ハドルストンヘッドコーチによる熱血な指導の下、チャンピオンシップ進出を目指し、日々の練習に励んでいます。

アレン・ハドルストン

女子バスケットボール部ヘッドコーチ

マーセッド大学女子バスケットボール部のコーチとして19年のキャリアを持つ。ヘッドコーチ就任からは15年目を迎え、ヘッドコーチとしての生涯勝率は6割3分、リーグ戦での勝率は脅威の7割5分を誇る。チームとしては2014年に北カリフォルニアベスト8、カリフォルニアベスト16の成績を残している。コーチ・ハドルストンはマーセッド大学を一般教養教育学科で卒業。カリフォルニア州立大学スタニスロース校に進学後、運動学部で学士号を取得した。現在は、女子バスケ部の指導を行う傍ら、保健の授業を受け持っている。


《マーセッド大学女子バスケットボール部 戦績》

シーズン 勝敗 セントラルバレー地区 プレーオフ成績
2012‐2013 10勝2敗 2位 北カリフォルニア8位 / カリフォルニア16位
2013‐2014 9勝3敗 3位 北カリフォルニア16位
2014‐2015 4勝8敗 5位  
2015‐2016 8勝4敗 2位タイ 北カリフォルニア16位
2016‐2017 6勝6敗 4位 北カリフォルニア16位 

プログラム内容

【期間】

2週間

【滞在】

ホームステイ

【プログラム内容】 

・ 語学研修(マーセッド大学付属語学学校)

・ マーセッド大学女子バスケ部練習参加

・ ホームステイ体験

・ カンバセーションワークショップ

・ ヨセミテ国立公園観光

・ サンフランシスコ市内観光

【食事】

平日 2 食(朝食・夕食)/ 週末・祝日 3 食

【ビザ】

ESTA(ビザ免除プログラム)

【現地サポート】

現地スタッフによるプログラム開始時のオリエンテーション、緊急時対応