女子バスケットボール留学


アメリカバスケットボール留学

 

バスケットボール発祥の地として知られるアメリカ。NBAの選手に憧れてバスケットボールを始めた人も多いことでしょう。アメリカのバスケットボールは、攻守共に力強いプレーを特徴としています。勿論、競技人口は多く、バスケットボールで奨学金を獲得しての4年制大学進学を目指す学生は少なくありません。


また、NBAでは2006年からドラフトでの高卒選手の指名に制限が設けられており、高校卒業から一年以上が経過した選手だけがドラフトの対象となっています。この為、アメリカではほとんどのプレイヤーが大学に進学し、部活動に取り組みながら、学業との両立を目指しています。

 

一方で、アメリカの大学では、バスケットボールが上手いだけの選手は通用しません。授業の単位を落とせば、監督からロースター入りの許可を得ることが出来ず、試合に出場することが出来なくなります。バスケ留学生としてアメリカへ来た学生選手は、現地学生との体格の差だけではなく、言葉の壁や学業におけるハンデを乗り越えて、バスケの本場に挑戦する覚悟が求められます。

 


女子バスケットボール留学受け入れ校

Merced College女子バスケットボール部

マーセッド大学の女子バスケットボール部はCCCAA(California Community College Athletic Association)に所属しており、11月からシーズンに入り、1月から地区リーグが始まります。チームはプレーオフ進出を目指し、冬休み中や祝日にもトレーニングを行なっています。

 

マーセッド大学の女子バスケ部は2014年には北カリフォルニアベスト8に輝くなど、強豪チームとして知られており、学生アスリートとして奨学金を得て4年制大学へ編入する選手もおり、奨学金を獲得できれば、高額な学費の不安を減らし留学生活を送ることができます。


留学生にとってのマーセッド大学の特色は、大学内に語学学校が設置されていることです。英語力に不安があっても語学学校から留学を開始することができ、アメリカでのスポーツ留学を実現することができます。マーセッド大学入学の合格基準はTOEFL PBT 450点、IBT45点または英検2級Aとなっており、渡米からバスケ部への参加の流れは以下の通りとなります。

 

渡米からバスケットボール部参加までの流れ(一例)

  1. 留学開始前の日本滞在中にY.E.S. ELPプログラムの受講(TOEFL対策)
  2. 春~夏に大学付属語学学校(MCELI)に入校しTOEFL試験をパス
  3. 8月に始まる秋学期からMerced大学に入学
  4. 現地の学生と横一線でバスケ部のロースター争いに加わる

 

※部活生は毎学期最低12単位の取得、さらにGPA2.0以上の維持がチーム参加への条件。もしできなければチームへの参加は認められません。

 

アレン・ハドルストン

女子バスケットボール部ヘッドコーチ

 

マーセッド大学女子バスケットボール部のコーチとして19年のキャリアを持つ。ヘッドコーチ就任からは15年目を迎え、ヘッドコーチとしての生涯勝率は6割3分、リーグ戦での勝率は脅威の7割5分を誇る。チームとしては2014年に北カリフォルニアベスト8、カリフォルニアベスト16の成績を残している。コーチ・ハドルストンはマーセッド大学を一般教養教育学科で卒業。カリフォルニア州立大学スタニスロース校に進学後、運動学部で学士号を取得した。現在は、女子バスケ部の指導を行う傍ら、保健の授業を受け持っている。

 


日本人留学生の活躍

  • 2015-2016シーズンより日本人留学生1名がロースター入りし、北カリフォルニアベスト16強入りに貢献
  • 2017-2018シーズンには日本人留学生2名がロースター入りし、チームは14 試合(2017年12月26日現在)を終えて成績を12勝2敗とし、強豪チームとして快進撃を展開