Y.E.S. ESL International, Inc.

 

7920 Arjons Drive, Unit E

San Diego CA 92126

 

TEL: (619) 501-7953

 

E-mail: info@yeseslinternational.com

 

WEB: www.yeseslinternational.com

 

Y.E.S. グループ

Y.E.S. at Merced College
Y.E.S. at Merced College

Y.E.S. 提携機関

短期水球留学(サンディエゴ)

南カリフォルニアは水球の強豪エリア。その中でも毎年全米チャンピオンシップに名を連ねる強豪クラブチームでの練習に参加することのできる短期水球体験プログラムです。

 

*当プログラムは16~18歳の男子のみ参加可能です。


このプログラムに関するお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

滞在先: ホームステイ

 

Y.E.S.スタッフが厳選し、安全に過ごすことのできるステイ先をご紹介します。滞在中は週16食の食事付。

 

*ホームステイ先から学校への通学にはバスもしくは電車を利用し、通常片道30分~1時間程度掛かることが一般的です。

*練習が夜遅くになる場合は、Y.E.S.スタッフが責任を持って学生をステイ先までお送りします。

 

*下記スケジュールは一例です。滞在する時期などによって変更される場合があります。

参加基準

 

・16歳~18歳までの男子。

・水球経験有り。

・英語力については特に基準無し。

・プログラム参加中やる気を持って真面目に参加できる方。

 

費用

 

3週間~につき$4,200~。

*3週間以上の延長も可。

*3週間以下の期間でも参加可能です。詳細はスタッフまでお問い合わせください。

*費用はプログラム内容等により大幅に変動する可能性があります。

 

*上記費用に含まれるもの

・3週間分の語学学校費

・3週間分の滞在費

・3週間分の練習参加費

・プログラム申込み費

 

*上記費用に含まれていないもの

・アメリカまでの航空機券代

・空港送迎費等の現地での交通費

・個人で必要となる生活諸経費

・海外旅行保険料

短期水球留学参加 

斉藤 幸樹君

群馬県出身 N高等学校2年

 

2012年夏にはマーセッドカレッジでの短期水球留学プログラムへ参加。

海外でのプレイ経験を積むため2012年冬に再度渡米。カリフォルニア州サンディエゴに拠点を置き毎年全米大会での入賞を果たしている強豪クラブチームの練習に参加。

 

夏に引き続き高校の長期期間中を利用し、水球留学に参加している斉藤君。17歳とは思えぬ体格と自ら研究を重ね身につけたパワーのある超高校生級の選手です。参加三日目にして来年度のジュニアオリンピックへ出場してみないかとコーチから打診されるほどの逸材です。

 

1) 学校の環境はいかがですか?

 
世界中から集まった学生たちと勉強することができています。
日本の英語の授業と違い、クラスメイト同士で問題を解いたり、教え合ったりなど楽しい時間を過ごせました。英語が言葉の通じない僕たちを仲良くさせてくれました。

 

 

2) ホームステイの環境やホストとの生活には慣れましたか?

 

最初は、人の家という意識が強くてなかなか積極的に行動できませんでした。でも慣れていくうちにまるで本物の家族のように話すことができました。

 

 

3) 水球の練習環境はどうでしょうか?

 

僕より体が大きい選手がたくさんいました。速く、高く、そして強い、そんな水球を体験することができました。選手やコーチ、水球が好きだという気持ちがすごく伝わってきました。

夏の様子。
夏の様子。

4) 幸樹君は昨夏にもアメリカへ滞在しましたが、その時と比べて何か変化はありましたか?

 

(サンディエゴでは)バスでの通学、日本人がいない、店が近くにないという生活でした。マーセッドの滞在の経験があったおかげですぐ慣れました。サンディエゴはマーセッドに比べて、自転車などで自分ですぐに動くことができない分、ちょっと不便だなと思いました。

 

 

5) 高校を卒業後、どのような進路を考えていますか?


まずは水球ができる、自分の学びたい学部がある大学に進学したいと考えています。卒業後は、プロを目指したいです。

 

6) これからどんな水球選手になりたいですか?


どんな立場であろうと常に謙虚で、素直な選手になりたいです。いい選手である前に、いい人間であることが大切だと思います。

 

 

7) 今後留学を考えている学生に一言お願いします。

 

支えてくれる人がいるから海外に行けるということを忘れてはいけないと思います。

 

 

高校を卒業後はアメリカでの進学も視野に入れ、世界レベルでの活躍を目指すという幸樹君。まだまだ伸び盛りの彼が将来どんな選手に成長するのか、楽しみです。