Prince Godwin

ナイジェリア出身

 

専攻:看護学

2009年入学

2012年春学期卒業見込

 

Administrationオフィスで学生スタッフとして働くPriceは、キャンパス内で知らない人はいない程の人気者です。

 

 

AWCを選んだ理由。

 

ー 海外の大学の卒業認定があるとナイジェリアではとても優位に就職することができます。一時期は外交官を目指していたこともあり、海外での生活にはとても興味がありまし た。既にアメリカに留学している友人やインターネットの情報を頼りに留学について調べていた時AWCを知りました。

それまで資料のあったどの学校よりも授業料が安く、ナイジェリアからの留学生も何人か既にいたので、更に親近感がわいてAWCへの入学を決めました。

 

 

AWCでの学生生活。

 

ー 今は看護学を専攻していて、残り一学期でAWCを卒業です。進学先はまだ決めていませんが、四年制大学を卒業して更に修士号、博士号課程にも進みたいと思っています。

 

僕は先学期までInternational Clubの会長を務めていましたが、今学期からは引退して影のアドバイザーとして時々イベント企画に携わっています。その他にもHonor Societyの副会長をやったり、学生スタッフとして働いたり、Leadership Programにも参加しています。毎日学校に来てキャンパス中で活動しているので、AWCに来れば僕のことを見かけない日はないと思います。

 

ー 自分のやりたい全てのことに積極的に関わって物事を知っていくのが僕のやり方で、少しずつかも知れないけどいろんな人と知り合っていくことが僕を成長させてくれていると思います。

 

ー 一番最初の一学期間だけは学校の寮で生活しました。寮での生活は特に快適でも不便でもなかったけど、キャンパス外で安く生活できるルームシェアを見つけたのでそれ以来オフキャンパスで生活しています。

でも渡米したばかりで何も分からなかった時に寮の中で知りあいが増えていって、今ある友人の輪の基礎を寮の中で築くことができたので、良かったと思っています。

 

ー 僕は今学校からの奨学金とキャンパス内で働いたお金で生活しています。車にも乗っているし、授業料以外にもいろいろと費用が掛かるので裕福な生活は出来ないけど、自分の生活スタイルを変えることでそんなに苦労せず生活できています。

例えば僕の場合は普段はとにかく節約して生活するように心がけて、週末前なんかは友達とパーッと騒いで過ごす、というのがいつものパターンです。ストレスも感じることは少ないし、割と快適に毎日過ごしています。