第1回YCU大学院海外研究機関・リトリートプログラム2014

横浜市立大学大学院生命ナノシステム研究科は、総合監修に横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科長・教授 荻原保成 (ゲノム生物学) 農学博士と横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 教授 大関泰裕 (糖鎖生物学/海洋生化学) 医学博士のチームを迎え、海外の研究者を相手に、自身の研究、意義と魅力を積極的に伝えて討論のできる、グローバルな研究マインドと実力の持てる人材を育てるため、カリフォルニア州サンディエゴ市、ラホヤ市の研究拠点地区での海外リトリートプログラムを企画・実施しました。

 

今回のプログラムは以下の各機関/研究者の協力を得て大成功に終わりました。

 

サンフォード・バーナム医学研究所、カリフォルニア州ラ・ホヤ市

 生命医科学研究科長・教授 ガイ・サルベセン (Guy S. Salvesen) (分子病理学) Ph.D

 シニア・スタッフサイエンティスト/横浜市大客員教授 松澤秀一(病態医化学) 理学博士

 ビジティングサイエンティスト/横浜市大客員教授 山崎裕子 (医科免疫学) 医学博士 

 

カリフォルニア大学サンディエゴ校 (UCSD) カリフォルニア州ラ・ホヤ市 

 大学院理学研究科・生物科学部門 時間生物学センター長

 特任教授 スーザン S. ゴールデン (Susan S. Golden)、(時間生物学) Ph.D

 教授 ユンデ・ツァオ (Yunde Zhao) (植物分子生物学) Ph.D

 

UCSD/スクリップス海洋研究所 カリフォルニア州ラ・ホヤ市

 海洋生物研究部(DMB)・部長 教授 マーク・ヒルデブランド (Mark Hildebrand)、(海洋微生物学) Ph.D

 海洋バイオテクノロジー & バイオメディシン研究センター(CMBB)

 センター長 教授 ウィリアム・フェニカル (William Fenical) (天然物薬学) Ph.D

 CMBB & Skaggs薬学部教授 ウィリアム・ゲルヴィック (William Gerwick) (海洋創薬学) Ph.D

 

HOKTO Kinoko Company カリフォルニア州サン・マルコ市(San Marcos)

 マーケティング部長 大村 奨

 

TANABE RESEARCH Laboratories U.S.A. Inc. (San Diego)

 COE&研究所長 桜井直樹 農学博士

 

 
ダウンロード
第1回YCU大学院海外研究機関・リトリートプログラム2014
リポートの詳細については、こちらからご覧ください。
大学院海外リトリートプログラム.pdf
PDFファイル 1.3 MB
リトリートプログラム
UCSD時間生物学研究センター長・特任教授 スーザン・S・ゴールデン博士
リトリートプログラム
DMB部長マーク・ヒルデブランド博士(左)らを前にした3回の発表経験はYCU院生に自信を与えた

リトリートプログラム
UCSD ガイゼル図書館
リトリートプログラム
サンディエゴ・パドレスの本拠地(ペトコパークにて)