留学の費用について

留学はとてもお金がかかる。。。

留学ができるのはお金持ちだけ。。。

そんな風に思って、留学を諦めていませんか。

 

 

四年制大学留学」「正規大学留学」などという言葉が飛び回る昨今。

「大学留学」というと迷わず四年制大学を思い浮かべる人も多いようです。

 


費用が高額な四年制大学へ入学せずとも、アメリカ大学留学を叶える方法があります。

 

 

 

留学費用を抑える方法① 編入制度を利用

アメリカ人学生にとって、他大学への編入はごく一般的に普及している進学方法です。

日本の大学では他大学への編入や転校は様々な手続きと多くの時間を要するイメージが一般的ですが、アメリカの大学では条件に合わせて学校を変えていくのは当然のことと見られています。

 

 

ここでは留学生の多くが利用している三年次編入制度の一例を紹介します。

 

アメリカの大学でも日本の大学と同じく、初めの二年間は一般教養を中心に学びます。その後、三年~四年生の間に専門科目を取り終え、卒業というのが一般的な流れです。

コミュニティカレッジでは、二年間の在学中に一般教養を中心にクラスを取得します。一般教養学を修了した学生には準学士号(Associate Degree)が授与されます。

 

 

 

つまり、コミュニティカレッジであっても四年制大学であっても1~2年次に取得するクラスはほぼ同じ。であるのに、四年制大学はコミュニティカレッジに比べ数倍の学費が掛かります。下記の費用の比較をご覧ください。

 

 

*薄色部分は学費、濃色部分は生活費を表します。

 

例えば四年制大学に一年次から入学し、二年間を過ごした場合、私立四年制大学では約11万ドル、公立四年制大学では約5万5千ドル掛かってしまうのに対し、二年制短期大学で二年間を過ごした場合は約3万ドル弱で学費と生活費をまかなうことができます。二年間の留学費用がまさに2分の1から4分の1に節約できてしまいます。

 


留学費用を抑える方法② 住環境を考える

留学中の主な費用は学費と生活費です。

どんなに授業料が安価な学校を見つけたとしても、生活費が多く掛かるエリアを選んでしまえば、全体費用を膨らませることになりかねません。

ホームステイ費用(年間)の都市比較
ホームステイ費用(年間)の都市比較

 

ホームステイ費を例に挙げると、世界的都市ロサンゼルスでは月々のホームステイ費が約$960(平均)であるのに対し、カリフォルニア州中央部の中規模都市(マーセッド市)では月々$600で抑えることができます。これを年間にして考えると$4,000以上の差額が発生します。


これはハウジング以外の生活費を年間賄うことができる程の額です。

 

 

そしてその他生活費の中で気を付けたいのは現地での交通費です。

アメリカは言わずと知れた車大国。

 

アメリカ広しといえども、車を持たずに不便なく生活できるのはほんのごく一部です。

 

留学生でも必要に迫られ車を購入している学生が多くいます。

 

アメリカで安全な車両を購入できる金額は平均$10,000以上をみた方が良いでしょう。


一方自転車は$200程度で購入できる他、公共交通機関は安価に利用することができます。

 

留学費用を抑えたいのであれば学生の移動手段を事前に調べておく必要があります。

 

費用に関してよくある質問:

 

「奨学金について」はこちらをご参照ください。